3DCADプレゼンテーションソフト
「Walk in home」

住宅販売のやりたかった全てがここに!

Walk in home

私たちイオグランツとイオグランツのWalk in homeは、常にユーザーの皆様の声に耳を澄まし、建築の最前線で涌き上がる要望に敏感にアンテナを張り、使う方の目線で日々開発改善を繰り返しています。
毎日のサポート業務を行う社員は皆、実際に物件入力を行い、プレゼンボードを仕上げることを業務の一環としています。社員もユーザーのひとりなのです。
そんな私たちが、現場の皆様の視点に立ち、心をこめて作り上げた「イオグランツのWalk in home」を是非一度ご体感ください!

Walk in home

features

Feature 01

考え抜かれたマスタープログラム

新築2階建ての住宅なら、たった7つのプロセスで、あっという間に入力完了!マンションなどワンフロアの物件なら3つのプロセスを行うだけでOK!
第1プレゼンを前に、お客様の要望を引き出すベースとしての素敵なご提案…準備に時間はかかりません!小物使いまで魅力的にコーディネートされたインテリアセット部材を選んで置くだけで、リビングのコーディネートがワンクリックで!ナチュラル?リゾート?フレンチ?テイスト違いもワンクリックで一発変換!企画プランしか出来ないの?選ぶのが楽しくなるほど沢山の素材集の中から、じっくり時間をかけて細部にこだわったインテリアコーディネートだってもちろん可能です!

Feature 02

サクサク軽快な
オペレーションを実現

部材・素材総数15,000点以上!現在もリアルタイムで収録数が増えています。日々要望の高い素材や部材を追加登録していく中で進化するコンテンツ集。例えば床材ひとつを取っても、無垢の質感にこだわったクオリティの高いテクスチャを「ドラッグ&ドロップ」するだけで、Walkinhome内の空間がめまぐるしく雰囲気を変えていきます。
これだけのクオリティにこだわった部材が数多く収録されていながら、独自の技術でサクサク軽快なオペレーションを実現しています。コーディネートのテイスト別に、家具から小物までコンテンツを分類整理しているので、インテリアコーディネートもストレス無く簡単に行えます。

Feature 03

関連ツールへのスムーズな移行

弊社が誇る総合プレゼンテーションソリューション、「Walk in home」+「E-Paint」+「EOPAN」この3つが流れるようなオペレーションで連携、見る人を驚かせる感動のプレゼンテーションを実現します。Walk in homeで作成したパースをレタッチしたい…パースをダブルクリックするだけでE-Paintが立ち上がり、そのままレタッチスタート! Walk in homeで創りこんだLDKを360度くるくる見渡せるEOPANで見せたい…写真を撮る位置を指定してEOPAN画像を自動作成できます。Walk in homeに内蔵されたビューアーでQRコードを作成し、iPhoneで読み込むだけで、面倒なメール送信などの業務をはさむことなく、シームレスにEOPANへデータを送信することが可能です。ソリューションはプレゼンだけにとどまりません。ご提案と同時に見積りも提示したい・・・プレゼン用に入力した物件データのリストから選ぶだけで、だれでも積算をスタートできます。連動積算ソフト「BRIDGE」は予め設定した積算根拠マスタを元に見積り書を自動作成するので、プレゼンの段階で1件1件の利益を確保した提案見積りや実行予算の管理も可能になります。

Feature 04

実践的な研修が充実

弊社は、建築パースの第一人者である宮後浩が学長をつとめる建築パーススクール「コラムデザインスクール」と、カタログなどに載る広告用のCGを製作する「プロのCG制作会社」という別の顔を持っています。イオグランツでは、その「別の顔」で創り出されたコンテンツやノウハウをWalk in homeへダイレクトにスペックインするとともに、研修内容にも同時反映させています。
イオグランツのWalk in homeをご利用くださるユーザーの皆様には、そうして進化を遂げた「最新のWalk in home」と「魅せるノウハウ」をリアルタイムでご活用いただいているのです。
右図上図:ご導入時の初期研修やサポートにより、効率的に魅力的なプレゼンテーション資料の作成が可能に。

Feature 05

関連図面・帳票も簡単出力

確認申請・長期優良住宅・天空率・
外皮計算・ZEH判定 対応

「図面出力」機能により、「平面図」「立面図」「矩計図」などの図面種類ごとに、必要図面がレイアウトテンプレートに自動配置されます。あとは配置の微調整や必要に応じた加筆をするだけ。
その加筆に関しても、一般的に確認申請などでよく使用されるものが図面ごとに整理され、既にマスターに登録されているので、必要なものをぽんぽんと選んで置いていくだけでOK!
デフォルトの加筆スタンプを少し修正して再登録しておけば、自分だけの図面加筆スタンプ集も簡単に作成可能です。
3Dでの道路斜線のチェックや、天空率の検討・申請書作成にも対応しているので、お施主様の要望に合わせたプラン変更後のボリュームについてもスピーディに検討し直すことができます。
難しく思われがちな外皮計算も簡単オペレーション。ZEH判定やBELS判定も可能に。
計算結果もボタンひとつでリアルタイムに、結果と数値を確認しながら無駄の少ない断熱設計が可能です。
Walk in homeなら、プレゼンテーション用に作った物件データをそのままに、1から入力しなおすことなくスムーズに各種機能へに移行できます。
※自動入力内容の確認や、各コンテンツのご利用に関しては、建築士の責任において行ってください。

導入からアフターまで
万全のサポート

弊社では、実際にお客様のプレゼンボードを作成している社員がサポート・研修を行っています。基本的な入力作業から魅力的なプレゼンボードの作りこみまで、経験者だからこそかゆいところに手が届く知識と、きめの細かいサポートができるのです。
研修も同様に、どうすれば運用立ち上げがスムーズに行えるのか、自分が試行錯誤してきた道だから歩んだ道のりの最短距離を皆様に分かりやすくお伝えすることで、導入初日からでもWalk in homeを活用できる充実した研修を行っています。

機能 補足説明 Professional Standard
プレゼン入力関連
インポート dtx、CEDXM、プレカットCAD(宮川プレカット)データ
Webパック保存 物件データをわずか数KBの圧縮ファイルに
動画(AVI)作成
プレゼンボード作成 ボタン一つで作成したデータが自動配置されプレゼンボードに
かんたん!プランサーチ機能 オリジナルプラン集の作成が可能
太陽光パネルシミュレーション 予測発電量、損益分岐点目安、CO2削減環境貢献度、ローンシミュレーション
低炭素住宅シミュレーション 入力した物件で、外皮計算数値のシミュレーションが可能
ネットワーク
(データ共有・自動バックアップ)
スフィア画像出力 VR閲覧用データ出力 追客できるVR「イオパンクラウド」
ウォークスルー機能
スタイルデザイナー ボタン一つでスタイル切替が可能。流行のインテリアスタイルを各種ご用意
ビフォーアフター機能 リフォームのビフォーアフターを同時表示、同調比較検討が可能
間仕切移動・部屋合成 リフォームでのプランニング・提案に便利な各種機能を搭載
モジュール変換 尺⇔メーターなどモジュールの一括変換が可能
画像データ出力 wmf、bmp、dxf、jwc、jww
建物タイプ登録 矩計などの仕様を予め設定しておくことが可能
見取り図取り込み機能 画像データ(jpeg、bmp)取込み、トレースのベースに活用可能
敷地データ入力 三射求積、座標求積、概略入力、線画データ(dxf、jww)取込み
建物シンボル 入力した建物をシンボル軽量化。連棟パース作成も可能
意匠+軸組表示 構造入力した軸組みを、プレゼンパースに表示可能
チェック機能関連
斜線チェック機能 建築基準法の高さ制限(道路・北斜など)をパース上で視覚的にチェックも可能
構造チェック
(令46条チェック)
耐力壁量、重心、剛心、直下率、金物自動配置(N値、告示1460号)
構造の安定(性能表示) 等級1~3チェック、床倍率、バランスチェック
採光・換気チェック(ALVS) 敷地境界と用途地域から確認申請レベルの採光換気チェック
間取り診断 構造情報の入力なしに、作成した間取りが性能表示に対し構造的に実現可能かチェック可能
省エネUA値ηA値(外皮計算) プレゼンデータからUA値、ηA値の外皮計算検討、計算書書、根拠図面の出力
ZEH判定機能(BELS対応) 外皮計算や太陽光発電量計算機能との連動でZEH判定(BELS)が可能、一次エネルギー消費計算サイトへの連携、申請書作成
簡易天空率チェッカー 入力した敷地・建物情報を元に○×簡易判定
※根拠の確認や確認申請には利用できません。
図面書類関連
日影図出力 用途地域に応じた時刻日影図・等時間日影図を作成
申請書類アシスト機能 入力した物件情報や面積情報を任意のEXCEL書類に一括反映させることが可能
表示関連
日影シミュレーション 地域を指定し、時刻毎の日影のシミュレーションが可能
ダイレクトCG
レイトレーシング
ダイレクトCGラジオシティ
ダイレクトレタッチ
スタイルデザイナー
構造関連
基礎図
構造図
耐力壁/金物自動配置
設計図書出力 意匠図・構造図・設備図・求積図などが出力可能
シックハウス換気計算書 シックハウス換気量に適合しているかどうかの判定と結果の出力
ボードレイアウト機能 外壁・屋根野地板・床・構造用合板のボード割り付け
スケルトンインフィル 構造上変更できない壁や柱を指定可能
軸組みパース表示機能・
エラー表示機能
不適切な柱や梁、筋交いなどをエラーとしてカラー表示
積算関連
積算数量(拾い・出力) 入力した物件から各種数量を拾い出し、プラン変更時にも自動で数量が変更される
木拾い
リフォーム指示 リフォームと増築と既存部分を指示することで部分ごとに積算数量を拾うことが可能
オプション
EXCEL to DXF
長期優良住宅
(性能表示チェックシート等)
データエクスポート dtx、dxf、ajf、wrl、dmf、csv、3ds、rik、adx
CEDXM CEDXM形式でのインポートとエクスポート
環境シミュレーション 対象地域、対象月、風向きによる建物内外の風の流れをシミュレーション
天空率検討・天空図出力 天空率チェック、検討書作成時の各種根拠図、天空図等出力
V-Ray画像出力 光の二次反射を計算、よりフォトリアリスティックなパースを作成
V-Ray VR出力
Wallstatデータ連携 木造住宅倒壊解析ソフト「Wallstat」へ連携しリアルシミュレーション
B-MOS連携 耐震、ハウストラ

spec

Walk in home

対応機種
PC/AT互換機(DOS/V機)
CPU
(推奨)Intel Core i7 シリーズまたは同等スペックの CPU
(最低)Intel Core i シリーズまたは同等スペックの CPU
ハードディスク
(推奨)8GB 以上
(最低)4GB 以上
ビデオメモリ
OpenGL をサポートしたグラフィックボードが必須 (ハードウェアアクセラレータが有効になる機種を推奨)
(推奨)512MB 以上
(最低)128MB 以上
HDD空き容量
10GB 以上の空き
OS
Windows 7/8/10  ※ 仮想環境の Windows でのサポート対象外
表示解像度
(推奨)FHD(1920×1080)以上 24 ビットフルカラー
(最低)SXGA(1280×1024)以上、WXGA(1280x768)以上 24 ビットフルカラー/ハイカラー
インターフェイス
USB インターフェイス
※プロテクトチップ接続用インターフェイスが 1 ポート必要になります。

V-Ray for Walk in home

CPU
(推奨)Intel Core i7-5960X 以上
(最低)Intel Core i5等 4コアCPU
メモリ
(推奨)16GB 以上
(最低)4GB 以上
OS
64bit 版 Windows 7 以降のバージョン(32bit 版は対象外)
Professional オペレーティングシステム以上
ネットワーク
TCP/IP [IPv4] ネットワーク環境
インターフェイス
USB インターフェイス ※プロテクトチップ接続用インターフェイスが 1 ポート必要になります。 ※グラフィックボードを使う場合
(推奨)NVIDIA GeForce GTX980Ti(6GB)以上
(最低)NVIDIA GeForce GTX780(3GB)以上

システム要件

  • Microsoft Excel 2010/2013/2016
  • Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再配布可能パッケージ
  • .NET Framework 2.0 SP2 及び 4.5 以降
  • インターネット接続環境(オンラインアップデート時に必要)
  • DVD-ROM ドライブ(インストール時に必要)

『Walk in home』
活用無料セミナー随時開催中!

大阪、名古屋、埼玉にて『Walk in home』活用無料セミナー随時開催中! 「Walk in home」と関連活用ツール「E-Paint」「EOPAN」を駆使した、対面型総合プレゼンデモンストレーションのほか、導入後のサポート体制や、他CADソフトとの互換性や操作性、実務活用面のご不安などにお答えします。

ソフト開発
パース制作
CGパース受注制作
スクール運営
コラムデザインスクール